読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ML110 G7に触ってみた その3

安売りしてたML110 G7が手に入ったので、SASのRAIDカードとHDDが取り付けられるか試してみた。

安売りしてたML110 G7はノンホットプラグSATA仕様だったが、以前に確認したときにSASのHDDも使えるだろうと思っていたので、転がっていたRAIDカードとSASのHDDで確認してみた。

まず、HDDケージからオンボードのSATAに繋がってるSFF-8087のコネクタを外す。狭いので外すのは結構面倒。
f:id:papillon326:20120324171006j:plain
f:id:papillon326:20120324171007j:plain

PCI-Express x4対応のSAS RAIDカード。向かって右端にSFF-8087のコネクタ接続用のポートがある。
SFF-8087は4ポート分の配線が一組になっているだけで、ポートマルチプライヤでは無い。
f:id:papillon326:20120324171008j:plain
f:id:papillon326:20120324171009j:plain

RAIDカードを取り付けてケーブルを差し込んで終了。なお、このRAIDカードは1番目と2番目のPCI-Expressスロットでは設定画面で正常に操作することができなかったため、3番目のスロットに取り付けている。
f:id:papillon326:20120324171010j:plain
f:id:papillon326:20120324171011j:plain

SASのHDDをトレイにはめ込んで取り付けて完了。
f:id:papillon326:20120324171012j:plain

オンボードのSATAに配線している場合にSAS HDDを取り付けるとPOSTに時間がかかるようになってHDDも認識しない。SASのRAIDカードにSATA HDDを取り付けた場合は普通に利用可能になる。
そのため、ML110 G7オンボードSATAだとHDDからの起動順の設定ができなくて困っている人はSASのHBAやRAIDカードを付けると幸せになれるかもしれない。3Gbps対応の中古なら安いし。

ただ、SAS RAIDカードを取り付けてから前面ファンの音が騒がしくなったのは閉口だった。